tiger-XYで座標を簡単に活用!


ダウンロード
tiger-XY
エクセルからAutoCADやTSに座標を活用!
操作はとっても簡単です。
tiger-XY.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 972.7 KB

「tiger-XY」は測量で使用する座標値を「AutoCAD」や「トータルステーション(TS)」にて

利用しやすくするためのツールです。

エクセルのVBA(マクロ)で構成されているため、専用の測量ソフトなどは必要ありません。

 

tiger-XYで出来ること! 

 エクセル上の座標値をスクリプトファイルに書き出し → AutoCADに点と点名をプロット

 エクセル上の座標値をSIMAファイルに書き出し    → TSに座標データを読み込み

操作説明動画 


公式Twitter・facebook始めました。気軽にフォローしていただけますと嬉しいです。